<< 長ねぎとキクラゲとちりめんじゃこの炒め物 | main | ボルシチ >>

ささはら豆腐店の「どでか揚げ」

JUGEMテーマ:食生活

 

前回、壊れてしまった、デジカメを購入。CANON製ですが、昔はコンパクトデジカメには、IXYとPowerShotがあり、PowerShotよりIXYの方が、高級だったのですが、今はその構図は逆転。IXYはCCD搭載で今は廉価になってしまいました。そのIXY210を購入、たった1万数千円しかしません。予備電源として買ったリチウムイオン電池が4,000円強ですから、なんか価格のバランスが悪いなぁ。

 

さて、全国豆腐品評会という大会があるのをご存知でしたか?

もめん、きぬ、寄せ・おぼろ、充填の4部門があり、金賞、銀賞、銅賞が決まるというもの。そんな中、我が宮城のささはら豆腐店がきぬの銀賞を獲得(2017年)。もめん、寄せ・おぼろ、充填の中に宮城は入っていませんでした。ところが、なぜかきぬにだけ、ささはら豆腐店をはじめ2店舗も入っているのです、ふしぎ。

 

ささはら豆腐店は近所といえば近所(車で7分)。昭和の昔、豆腐店はいたるところにありましたが、大手メーカーに圧され、その数も激減、仙台市で言えば10店舗ぐらいでしょうか?

 

このささはら豆腐店、すっかり常連になってしまいました。ただ、向こうは常連だとは思っていないかも。きぬは銀賞を取っているだけあり、とても甘くて濃厚、伯方の塩だけで頂きます。おろし生姜も要らないくらいです。ただ、冷や奴でしか食べられない。いや他の食べ方で食べてもいいでんすが、ただ勿体ないだけ。もめんも、同じ材料(宮城のしろめ大豆)を使っています、こちらは鍋に利用しています。きぬももめんも250円。

 

そんな中、どでか揚げ(380円)を購入、上は木綿豆腐です。木綿は400gですから、どでか揚げが如何に大きいか分かるでしょう。

IMG_0001.jpg

 

焼いて食べます。1/3を切り出し、包丁で切り込みをいれました。

IMG_0004.jpg

 

長ねぎの粗みじんをはさみます。

IMG_0006.jpg

 

よく押し込んで、

IMG_0007.jpg

 

熱風オーブンを「オーブン/トースター」モードにして、200度で10分焼きます。

IMG_0009.jpg

 

7分ほど焼くと焦げてくるので、止めました。

IMG_0010.jpg

 

縦に半分、

IMG_0011.jpg

 

横にも半分。

IMG_0012.jpg

 

おろし生姜と鰹節と豆腐用の醤油で頂きます。

IMG_0013.jpg

 

まるで、パンの様に見えます。二人で食べましたが、厚さがすごいので、2枚でもう充分、妻は残しました。

IMG_0014.jpg

さて、煮物に使うのもどうかなぁ?

 

後日談:ごぼうと人参の煮物に使ってみました、さすがに存在感があるなぁ。

posted by: nomnom | 卵・豆腐・きのこ | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019150