<< 木綿豆腐食べ比べ | main | スナップエンドウ、ブロッコリ、アスパラ、おくらのしらすサラダ >>

叉焼の研究

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフから、「長年かけて編み出した私のレシピが出ていってしまうのでブログやSNSには書かないで下さい」と言われましたので、レシピは秘匿にします。黒森シェフ、ごめんなさい。皆さん、申し訳ありません(2018年6月)。

 

黒森シェフの叉焼を少しだけ研究してみました。

(1)火加減

(2)叉焼のたれは2回使えるか

です。

 

秘伝のたれです。

 

たれに漬け込んだ、肩ロース、前回は、熱風オーブンで単純に焼きましたが、

IMG_9407.jpg

 

アルミホイルでおおって見ました。

IMG_9408.jpg

 

15分焼きますが、流石熱風だけあって、風が吹くとアルミが浮いてしまいます。

IMG_9410.jpg

 

火を止め、仕方がないのでくるんでみました。

 

こうして出来上がったのがこれです。

IMG_9411.jpg

 

焼き上がってはいますが、焦げ色がないので少し残念です。では、ということで、別の日に、アルミホイルを外して焼いたのがこれ。

IMG_9488.jpg

こちらの方が美味しそうですね。

 

次はたれ。黒森シェフは1回ごとに廃棄しろというのですが、量が量だけに余りにも勿体ない。そこで、教えを破って、2回使うことにしました。一回目は既に焼いております。これが二回目。

IMG_9766.jpg

 

2度目は1日半つけておきました。

IMG_9768.jpg

 

少し変化を持たせようと思って、アイリスオーヤマの魚焼き器で焼いてみました。

IMG_9803.jpg

 

今回は、上下から熱線で火が入るので、アルミホイルでおおいます。

IMG_9804.jpg

 

10分焼きました。

IMG_9807.jpg

 

あ〜、下からも熱が来るんだ、焦げてしまって大失敗。でも食べましたけどね。

IMG_9808.jpg

そして、味の方は、全く問題ありません。というか、僕には分からなかった。1日半つけて置いたのがよかったのかなぁ。

 

今回が最後の挑戦です。フォークで穴を空けた「くっつかないアルミホイル」に

IMG_9833.jpg

 

載せます。

IMG_9836.jpg

 

アルミホイルでおおい、

IMG_9837.jpg

 

400gと量が多かったので、表を15分焼きます。

IMG_9838.jpg

 

恐る恐るあけてみると、お〜

IMG_9839.jpg

 

良い焼き色です。さらに裏返して15分。脂が入ったところが焦げるのは仕方がないことです。

IMG_9841.jpg

 

これで、叉焼の研究はおしまいです。

(1)熱風オーブンではなく、魚焼き器をつかうこと

(2)たれは2度つかうこと、但し、2回目まで間があるときはたれは冷凍にすること

こんなところかな。

 

この後、叉焼は、生姜と葱と白菜の煮込み麺に使ったりよだれ豆腐サラダになったりするのです。

 

今作った、叉焼を使って、こんなサラダも作ってみました。

 

叉焼は焦げたところを使い太い千切りにし、スナップエンドウ、アスパラ、ブロッコリ、ミニトマト、ベイリーフを合わせています。ドレッシングは何が合うんでしょうね。

posted by: nomnom | お肉 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019082