<< 母の日 | main | 葱と生姜と白菜の煮込み麺part2 >>

黒森シェフの中国料理

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフのまかない自慢シリーズも4月で終わり、新規に「くろもりの中国料理」がスタートしました。5月は、五目炒飯、彩り野菜と卵のスープ、きゅうりのしょうゆ漬けを教わってきました。五目炒飯は、黒森シェフが「これまで作ってきた炒飯をきれいさっぱり忘れて下さい」と言う内容で、全てが目からウロコの新しい作り方でした。でもこれは、ここで書いてはいけないような気がするので、内緒にしておきます。どうしてもという方は、来年のベターホームに来て下さるようお願いします。

 

で今回は、きゅうりのしょうゆ漬けです。しかし、このたれも黒森シェフが20年試行錯誤のすえ到達したレシピですので、使う材料はオープンにしますが、配合はやはり秘密です。

 

きゅうり3本は洗ってペーパータオルでぬぐいます。

IMG_9705.jpg

 

すりこぎで潰さない程度に叩きます。

IMG_9706.jpg

 

きゅうりがしんなりしてくるはずです。

IMG_9707.jpg

 

細長く乱切りにします。

IMG_9708.jpg

 

3本準備完了。

IMG_9709.jpg

 

たれは、しょうゆ、グラニュー糖、水、黒酢が入っています。ここににんにくの薄切りと

IMG_9710.jpg

 

赤唐辛子1本を半分に割っていれます。

IMG_9711.jpg

 

しょうゆだれにきゅうりを入れます。

IMG_9712.jpg

 

一見するとたれの量が多いようです。

IMG_9715.jpg

 

きゅうりは浮いているので、ラップをして密封し味を含ませやすくします。

IMG_9714.jpg

この状態で30分待ちます。

 

30分経過。

IMG_9716.jpg

 

しょうゆだれから取り出して、

IMG_9718.jpg

 

たれを切り、

IMG_9717.jpg

 

盛り付けます。

IMG_9720.jpg

 

どれどれお味は、

IMG_9721.jpg

うまい、でも少しだけ塩っ辛い。この、しょっぱさをなくすには、水の量を増やす、減塩醤油を使うなどの工夫が必要です。

 

また、このしょうゆだれも、使い回しではなく、1回切りの使い捨てだそうです。もったいないようですが、きゅうりから水分が出て行き、きゅうりに味が入って来るので仕方ないそうです。

 

きゅうりは、いつも漬け物にしていましたが、こちらの方が簡単です。

 

2回目は、減塩醤油でやってみました。ズッキーニです。うん、今回は、塩っ気は丁度良い、ばっちりです。

IMG_9728.jpg

posted by: nomnom | 青野菜 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019077