<< 大根と蓮根の煮物 | main | トムヤムペースト >>

大豆ミートで餃子

JUGEMテーマ:食生活

 

再び、大豆ミートです。今回は餃子に挑戦です。なるべく、お肉がメインではないもの、つまり、ホイコーローとかユーリンチではなく、前回の麻婆豆腐や今回の餃子など、豆腐や野菜が主たる食材になるようなものにしています。

 

餃子にする時に妻に言われました。「野菜が中心だから、もともとひき肉は少ないのね、その割りに、オイルを結構使うから、あの脂が結構なカロリーになるのよ。」では、ということで、水餃子にしました。

 

たれから作ります。このたれは、我が家の定番です(完成餃子のたれ参照)。

長ねぎ、にんにく、生姜を細かくみじん切りにします。

IMG_8877.jpg

 

これらのみじん切りにした素材と調味料類(キンモクセイの花は品切れでした、代わりに中国山椒を少々)を合わせます。

IMG_8879.jpg

 

よくかき混ぜて、空き瓶に保存しておきます。

IMG_8880.jpg

 

餃子の作り方には、いろいろあります。その中から、マツコの餃子で使った白菜の浅漬けを用います。

 

左上から、塩抜きした白菜浅漬けのみじん切り(250g)、にら一把のみじん切り、長ねぎ1/4本、大豆ミート(乾燥で30g、洗って絞って80g)、調味料(マツコの餃子参照)

IMG_8881.jpg

 

野菜類を全て合わせ、大豆ミートと調味料を合わせます。

IMG_8882.jpg

 

両者を合わせて、

IMG_8883.jpg

 

ナイロン手袋を使って混ぜ合わせます。

IMG_8884.jpg

やはり、ちょっとぼろぼろですね。これは包む時に苦労しそうだ。

 

水餃子ですから、隙間があっては行けません。それにしても、みんなぽろぽろ。

IMG_8885.jpg

 

ようやく、10個できました。

IMG_8886.jpg

 

沸騰したお湯でゆがきます。

IMG_8887.jpg

 

餃子の中に空気が入っているので、餃子本体が膨らみます。

IMG_8888.jpg

 

3分ほどで茹で上がりました。

IMG_8889.jpg

 

一見美味しそうにみえますよね。ところがどっこい。にら1把は多すぎた、茹で上がってはいますが、にら臭いし、お肉が大豆ミートなので、肉の味がしない。これは、水餃子にしたのがちょっと間違いだったかな。第一、脂分がどこにも見当たりません。

IMG_8890.jpg

 

一応、全部頂きましたが、焼き餃子にしてみます。餡を電子レンジで3分(1分ごとに裏返して計3分)チンします。これで、多少は包みやすくなるでしょう。

IMG_8891.jpg

 

3個だけ包んで焼いてみます。

餃子と熱湯を入れ、そのまま3分、強火です。

IMG_8893.jpg
 

お湯を切り、サラダオイルを上から回しかけて、

IMG_8894.jpg

 

蓋をして、弱めの中火で3分ほど焼き付けます。

IMG_8895.jpg

 

こんがり焼き色が付きました。

IMG_8897.jpg

 

フライパンに残った油です。お湯で焼いているから、油の吸収も最低限で抑えられます。

IMG_8896.jpg

 

どれどれ、お味は?

IMG_8898.jpg

 

焼き餃子なので、それなりに美味しいのですが、お肉の食感はありますが、肉感がつまり味がない。野菜が中心ですが、少量でも肉の味が無いと、やはり餃子とは言えないのでしょう。

 

今回の大豆ミートは、失敗でしたね。次は、何にしようかな〜?

posted by: nomnom | 卵・豆腐・きのこ | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019038