<< とんぶり | main | 秋刀魚の塩焼き >>

合い挽きとパセリの春巻き

JUGEMテーマ:食生活

 

暮らしの手帖89号からのお届けです。パセリを春巻きに使うというのが面白いと思いました。また、生の具材をそのまま春巻きにするのも前回お届けした通りです。

 

スーパーで売られているパセリ半分を使います。

IMG_8574.jpg

 

粗みじんにします。

IMG_8575.jpg

 

合い挽き肉、約200gに塩小さじ1/4と黒胡椒小さじ1/4を加え、

IMG_8576.jpg

 

ナイロン手袋をしてよく混ぜます。

IMG_8577.jpg

 

春巻きの皮をつるつるした面を下にして(まな板側)、パセリと合い挽きを載せます。

IMG_8579.jpg

 

両端を折り、

IMG_8580.jpg

 

下端を折り、

IMG_8581.jpg

 

くるくるっと巻いて行き、端に水をつけて1本完成。

IMG_8582.jpg

 

4本出来ました。本来は10本出来るはずなのですが、3人分なのと、他にタジン鍋を作るのでこれで十分です。

IMG_8583.jpg

 

はい、ここで熱風オーブンの登場です。サラダオイルをシリコン素材を使ったハケで塗ります。<熱風オーブン+シリコン刷毛>これが最強の組合せであることに、最近気付きました。

IMG_8585.jpg

 

熱風オーブンに入れ、約10分、焦げ色がついたら完成です。

IMG_8587.jpg

 

生の合い挽きを使っているので、火が通るかどうか心配でしたが、大丈夫、切ると分かります。

IMG_8589.jpg

 

盛り付けます。

IMG_8590.jpg

 

お〜、パセリは程よく香りが抜けて、パセリかなって程度になっています。

IMG_8591.jpg

また、シリコン刷毛のおかげでサラダオイルは全体で大さじ1ぐらいしか使っていません。ヘルシーですね。

posted by: nomnom | 熱風オーブン | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019018