<< 蓮根餅その2 | main | 角煮のお好み焼き >>

圧力鍋で角煮

JUGEMテーマ:食生活

 

最近新しくした圧力鍋で角煮を作ってみます。一応、角煮の作り方は会得したものがあったのですが、圧力鍋なら角煮でしょ、という意見も捨てがたく思えやってみることにいたしました。時間は、鍋を洗う手間もいれて1時間以内、これも魅力でした。

 

レシピでは、バラ肉400gとなっていましたが、800gを使います。また、圧力鍋を2段階で使います。

 

肉意外に使う材料は、生姜スライス6枚とねぎ(青い部分)。

IMG_8495.jpg

 

バラ肉は大きすぎるので半分に切って使います。

IMG_8496.jpg

 

バラ肉と長ねぎ、生姜を1000ccの水と一緒に圧力鍋に入れ、

IMG_8497.jpg

 

安全ロックピンが上がってくるまでは強火、上がって来たら弱火にしてここから20分炊きます。

IMG_8498.jpg

 

20分経ったら、急冷します。なんのことはない、冷水を鍋横から1分かけるだけす。

IMG_8499.jpg

 

蓋を取ると、ほら、こんな具合です。

IMG_8500.jpg

 

バラ肉を取りだし、長ねぎ生姜は捨て、煮汁を漉します。

IMG_8501.jpg

 

バラ肉は厚めにスライスします。

IMG_8502.jpg

 

これを圧力鍋(洗っておきましたが、たぶんこれは洗わないで使うのでしょう)に戻し、

IMG_8503.jpg

 

予め作っておいたタレ(減塩醤油大さじ6、日本酒大さじ6、みりん大さじ2、黒砂糖大さじ2)を入れます。黒砂糖を使うのがポイントかな、レシピでは砂糖でした。

IMG_8504.jpg

 

先ほどの煮汁を300cc加えて、また炊きます。今度は10分、あとは、自然放置です。

IMG_8506.jpg

 

蓋を取ってから煮詰めます。

IMG_8508.jpg

 

15分中火で煮詰めてこうなりました。

IMG_8509.jpg

 

食べてみましょう。

IMG_8510.jpg

 

ところで、圧力鍋を使うと、灰汁をまったく取らないのですね、というか、取りようがない。したがって、あちこちに灰汁らしきもんが散見されます。また、バラ肉は柔いことは柔いのですが、冷めてくるとだんだん固くなります。これが、4時間蒸すという手間との違いでしょうか?

IMG_8511.jpg

やはり、従来の作り方である蒸す方に軍配を上げたいと思います。

posted by: nomnom | お肉 | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019013