<< みちのく庵 | main | つるむらさきの茎の煮浸し >>

はなにらともやしの炒め物

JUGEMテーマ:食生活

 

妻の大好きな「はなにら」を2日連続で炒め物にしました。1日目は「はなにら」2把と生のきくらげ。生のきくらげは熱湯で30秒ほどゆがくとふくれあがって1枚が手のひらほどの大きさになりました。3回使えそう。初日は、卵を炒り卵にしたので、食べにくいこと食べにくいこと。

 

2日目は、卵を大きく、もやしとはなにらで炒めてみました。

 

深めのテフロンのフライパンに油を中火で1分熱し、

IMG_8432.jpg

 

ひげ根を取ったもやしを2/3(一袋300g)入れて弱火にします。

IMG_8433.jpg

ガラスープ小さじ1だけ加えます。

 

ここに生きくらげを加え(生きくらげはこれで一枚分です)、

IMG_8434.jpg

 

はなにらも加えて、弱火で3分待ちます。

IMG_8435.jpg

ここは「しゃきしゃきもやし」の応用です。

 

卵2個と牛乳大さじ1と塩ひとつまみも炒めておきます。

IMG_8431.jpg

 

最近は、手軽な炒め物の調味料を使っています。

IMG_8429.jpg

 

これを4cmと紹興酒大さじ1.5を溶いておきます。

IMG_8430.jpg

 

3分経ったら、強火にして、調味料を加えます。

IMG_8436.jpg

 

大きくひと混ぜして、1分炒め

IMG_8437.jpg

 

卵を加えて、更に1分

IMG_8438.jpg

 

出来上がりです。

IMG_8439.jpg

 

宮城県産のはなにらは、何故か仙台三越によくあるんですよね。ガラスープ小さじ1、中華万能調味料4cm、紹興酒、塩味が決め手です。

IMG_8440.jpg

posted by: nomnom | 青野菜 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019007