<< 星野リゾート | main | 和風サラダ >>

海鮮お好み焼き

JUGEMテーマ:食生活

 

お好み焼きは、夫婦で食べる時には、豚玉とイカ玉を1枚ずつ焼いていましたが、ここ2週間ほど肉類は一切食べず、魚ばかり食べていたので、お好み焼きも海鮮を2枚焼くことにしました。

 

これが、海鮮〜茹でエビ・イカ(生イカがなかったのでイカソーメン)・帆立(刺身用)〜です。

IMG_8351.jpg

 

帆立は1/4に、イカソーメンは粗みじんにします。これで2人まえです。

IMG_8352.jpg

 

午前中に、お好み焼き粉を溶いておきます。分量は、昔のお好み焼きを見て下さい。但し、水は、90cc、粉は80gにしています。午前中に溶く訳は、山芋の粘りが徐々に浸透して、夜には丁度よいあんばいになっているからです。

 

長ねぎ1本をみじん切り、キャベツ1/4を粗みじんにして、ボールに取り分けておきます。

IMG_8353.jpg

 

これは、仙台三越つな八の揚げ玉(天かす)です。これをいつも冷凍にして、冷やしたぬきや、どんどん焼きの時に使っています。

IMG_8354.jpg

 

まず、これを大さじ1.5ぐらいかな、入れます。

IMG_8355.jpg

 

イカ、茹でエビ、帆立と、お好み焼きのたねも入れます。

IMG_8356.jpg

 

全卵1個を入れて、

IMG_8357.jpg

 

下からざっくりと、混ぜ合わせます。

IMG_8358.jpg

 

サラダオイル小さじ2を中火で1分熱し、生地を流し込みます。

 

形を整えて

IMG_8359.jpg

15分弱火で焼きます。

 

裏返します。

IMG_8362.jpg

これで再び15分。

 

絶対にフライ返しで押しつけたりしてはいけません。これがふんわりと焼くコツです。

 

再び返して、味付けをします。マヨネーズ、お好み焼きソース(今回はオリバーのソースを使いました)、青のりを振りかけています。マヨネーズはお好み焼き屋さんがやるように細くはできませんが、あれもやろうと思えばできます。

IMG_8363.jpg

 

かつお節を振りかけて完成です。

IMG_8364.jpg

 

電子レンジで温めたお皿に盛り付けます。

IMG_8365.jpg

 

帆立とイカが効いています。

IMG_8366.jpg

これだったら、豚玉でなくてもいいかな、豚玉だと、余分な脂を取る手間がありますが、海鮮だと一切ありません。ただ、ちょっと価格は張りますけどね。

posted by: nomnom | ごはん・パスタ | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1019000