<< たらこ炒飯 | main | 蓮根バーグ >>

おくらの茹で方とおくら納豆

JUGEMテーマ:食生活

 

確か作並温泉「一の坊」でお土産に買ってきた山形の「南蛮納豆」、面白い食べ方を見つけたので発表します。「ピリッと辛い味自慢」と銘打っていますが、挽き割り納豆に塩と南蛮を入れていますが、ご飯には少し辛すぎます。

IMG_8208.jpg

 

取りあえずオクラを茹でます。洗ったオクラは、ピーラーで黒くなった部分を取り除きます。

IMG_8203.jpg

 

デパ地下で買ってきたのに、へた以外にも黒い部分が散見しています。これだったら、普通のスーパーの方が良かった。

IMG_8204.jpg

 

沸騰したお湯に塩を入れ、2分茹でます。

IMG_8205.jpg

 

あさイチでは、このまま笊に取り出して冷ますのがよいと言っていました(栄養価のためだったな)が、そうすると鮮やかな緑がやや黒ずんでしまいます。僕は、最近では氷水に取り出して処理するようにしています。

IMG_8207.jpg

 

笊に揚げて水を切ります。

IMG_8209.jpg

 

へたと

IMG_8210.jpg

 

尻尾を切り取ります。

IMG_8211.jpg

 

ここからは、そのまま使うもよし、縦半分に切るもよし、斜めにきるもよし、です。斜めに3分割しました。

IMG_8212.jpg

 

1袋8本を全て切り、

IMG_8213.jpg

 

盛り付けて、南蛮納豆を載せて行きます。

IMG_8214.jpg

 

輪切りにしたみょうが1本を載せます。

IMG_8215.jpg

 

かつお節をまぶして

IMG_8216.jpg

 

いただくのです。

IMG_8217.jpg

オクラのねばねばと納豆のねばねば、さわやかなミョウガの風味とかつお節、これらが渾然と一体化して、しかもピリ辛で、実によい味になっています。

posted by: nomnom | 青野菜 | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1018986