<< 温海&湯野浜 | main | 野菜と蛋白だけ >>

和菓子その3

JUGEMテーマ:食生活

 

Udemyを使った和菓子作りも佳境に入ってきました。まだ「包餡」も「もみあげ」もまだまだですが、最近覚えた技で卵型を使って作る和菓子があります。右下に移っているのが卵型です。レイズ(木工ろくろ)を廻して自分でつくりました。使う道具は、きんとん箸、三角べら、卵型、映ってはいませんが金属笊も使います。

IMG_8135.jpg

 

 

最近は、「芙蓉」一辺倒なので、赤の素だね、黄色の素だね、白練り切り、と中あんを使います。

IMG_8133.jpg

 

素だねは濃く作るのがUdemyの教えなので、「芙蓉」のピンクを作っていきます。

IMG_8134.jpg

 

白練り切りが12g、ピンク練り切りが14g、中あんが13gですが、包餡がまだへたなので、白練り切り14g、ピンク練り切り12gにしています。

IMG_8136.jpg

 

白練り切りを潰して

IMG_8138.jpg

 

ピンク練り切りを載せます。

IMG_8139.jpg

 

包餡しますが…

IMG_8137.jpg

 

お尻はこうなってしまいました。

IMG_8140.jpg

本来ならピンク練り切りは隠れていなくてはなりません。

 

これを潰します。

IMG_8141.jpg

 

中あんを載せ、

IMG_8142.jpg

 

包餡します。


IMG_8143.jpg

 

中あんは隠れてくれました。

IMG_8144.jpg

 

形を整えます。

IMG_8145.jpg

 

固く絞った布巾で卵型を湿らせてから菓子に少しずつ押しつけていきます。

IMG_8146.jpg

 

左の親指で菓子を回しながら少しずつ卵型を押し込んでいくのです。

IMG_8147.jpg

 

1/4くらい卵型が隠れるようになったらほぼ出来上がりです。

IMG_8148.jpg

 

平板の上に取りあえずおいて

IMG_8149.jpg

 

黄色練り切りを3gほど、金属笊の内側から

IMG_8150.jpg

 

表へ押し出します

IMG_8151.jpg

 

きんとん箸で形を崩さないように

IMG_8152.jpg

 

菓子の上に置きます

IMG_8153.jpg

 

芙蓉を回しながら口をすぼめていきます

IMG_8155.jpg

 

湿らせた三角べらで四ヶ所に切り込みを入れます

IMG_8156.jpg

 

出来上がり

IMG_8157.jpg

 

練り切りですから、基本的な味わいはみな同じです。

IMG_8158.jpg

 

兄弟夫婦だけの集まりがあるので、お土産として持って行きました。

写真.jpg

まだ、形が全部同じにならないのが残念です。

posted by: nomnom | お菓子 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1018983