<< 豆腐の田楽 | main | ごぼうの梅昆布煮 >>

治部煮

JUGEMテーマ:食生活
JUGEMテーマ:料理

おいで頂きありがとうございます!

3月7日の三越金沢物産展で買った「すだれ麩」の事をすっかり忘れていました。だって、3月11日に東日本大震災があったからです。


すだれ麩といえば、そうです「治部煮」です。この料理15年以上昔に作ったことがありますが、レシピ忘れてしまいました。こんな時に便利なのがネットですね。どれどれ、治部煮で検索をかけると、おーでるわでるわ。なになに、作り方も本当にまちまちです。

基本をみると、鴨肉もしくは鶏肉、すだれ麩、生椎茸、小麦粉、わさび、これがどのレシピにも共通です。その他に、青い葉っぱとして、ほうれん草、小松菜、せり、赤い材料の人参、里芋、焼き豆腐など本当にまちまちで、季節の材料を入れるということがポイントらしいのです。

そうか、鶏肉、すだれ麩、生椎茸、小麦粉、わさびさえ入れてしまえば、その他に入れるものは何でもいいのね。

そうすると、例の岩豆腐をつかってもいいんじゃん、あとは価格が安定している小松菜かな。

乾燥したすだれ麩を水に1時間ほど漬けて戻します。


1時間経った状態、倍に膨らんでいますね。半分を使います。


すだれ麩、岩豆腐、椎茸、茹でた小松菜


鶏むね肉1枚を食べやすい大きさに切ります。


水300cc、和風顆粒だし大さじ1、減塩醤油大さじ2.5、三温糖大さじ1、みりん大さじ1.5 を煮立てます。


沸騰したら、すだれ麩、椎茸、岩豆腐を並べ入れ、


蓋をして中弱火で3分煮ます。


材料をはじっこに寄せ、


茶こしで小麦粉をまぶした鶏肉を入れます。


また、蓋をして3分、中弱火で炊きます。




小松菜とともに、器に盛りつけます。


わさびの写真は撮っていませんが、必ずわさびをそえて召し上がって下さい。


さて、治部煮、たべるぞ〜。

味がしみ込んだすだれ麩と岩豆腐が美味しいですよ。
posted by: nomnom | 卵・豆腐・きのこ | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://yumehug.jugem.jp/trackback/1018329