もやしキムチ丼

JUGEMテーマ:食生活

 

昨日の昼は、一人だけだったので、いつもの麺類は止めて、もやしキムチ丼を作ってみました。

 

僕は、少しだけ余った豚肉をよく冷凍保存しています。

IMG_8273.jpg

朝起きてから、解凍すれば昼には間に合います。
 

続きを読む >>
posted by: nomnom | 丼物 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

茄子の蒲焼き丼

JUGEMテーマ:食生活

 

クラシルやデリッシュキッチンなど、真上から撮影した料理動画を初めて見た時には、真上から撮るとは目からうろこ、すごく新鮮に見えました。しかも、動画の時間が短い。

 

デリッシュキッチンの「茄子の蒲焼き丼」を作ることにしました。

 

茄子一本を使います。

IMG_8246.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | 丼物 | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

コンビーフ丼

JUGEMテーマ:食生活 

また、お訪ね頂きありがとうございます!

娘の朝ご飯が、グラノーラから(楽ちんだった)、「どんぶりもの」に変わり四苦八苦しています。朝から、天丼・カツ丼は、ちょっとというので…。

そうすると、親子丼、豚丼、油麩丼ぐらいしか思いつきません。あっ、これもあるかな、コンビーフ丼。

お湯に和風顆粒だし小さじ1/4を加えて、スライスした玉ねぎ1/4個を3分炊き、
○三温糖小さじ1/4
○みりん大さじ1
○日本酒大さじ1
○減塩醤油小さじ1
を加え、ここに、コンビーフ缶1/4を加えます。
IMG_6595.jpg

続きを読む >>
posted by: nomnom | 丼物 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

休肝日はみそ豚丼

JUGEMテーマ:食生活

またお訪ね頂きありがとうございます。

昨日は、休肝日。小林カツ代さんのみそ豚丼にしてみました。一人前です。妻は大好物のマグロ山かけ丼でした。


長葱一把スライス、薄切りロース肉120gを半分に切ります。
IMG_5742.jpg

続きを読む >>
posted by: nomnom | 丼物 | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

まぐろ丼

JUGEMテーマ:食生活
JUGEMテーマ:料理

今日もお訪ね下さってありがとうございます!

これも妻が作ったひとしな。なんでも、ランチでたべた味が忘れられず作ったのだそうです。

まぐろ、アボカド、とろろ、のり。
まぐろ、と、とろろ、両方とも妻の大好物です。


かるくワサビ醤油をかけていただきます。


おぉーんまい。僕にはなかなか思いつかない料理です。

「ランチではこれが五穀米の上にのっかっているのよ」
「じゃあ美味しいはずだよね」

posted by: nomnom | 丼物 | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ささみ入りあぶら麩丼

今日もお訪ね頂きありがとうございます!

ささみの新調理法の応用です。といっても何てことはない、例のあぶら麩丼に使ってみただけです。

今回は長ねぎは入れませんでした。たまねぎオンリーです。味付けも全く同じです。

あぶら麩の上にささみを入れ、味付けをしてから、


卵を入れて蓋をします。味付けは、あぶら麩を入れる前、玉ねぎの後にするのがよいみたいです。あぶら麩が醤油を吸収してしまいます。

半熟が苦手なのはあぶら麩丼のところで説明しました。


今回もご飯は使わずに酒の肴にします。


予想通りのお味でした。ささみのふわっとした感じと、あぶら麩のコッテリ感、これらが相まってなかなかの味になりました。
posted by: nomnom | 丼物 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

あぶら麩丼

今日も僕のブログを訪ねて下さって本当にありがとうございます!

「秘密のケンミンSHOW」で登米の「あぶら麩丼」をやっていました。

あぶら麩と長ねぎと卵があればできるらしいのですが、わが家では玉ねぎも入れちゃいました。丼物ではなく、酒の肴にしてしまいました。


水カップ2を沸騰させたところに
○和風顆粒だし小さじ2
○みりん小さじ1
○減塩醤油小さじ2
○日本酒小さじ2
を入れ、ここから親子鍋に少しだけとりだし、玉ねぎを入れます。
玉ねぎを入れて中火で2分煮ます。


あぶら麩は15mm程度に切り、先のだしにつけ込んでおきます。


ふやかしたところを親子鍋に移し、


長ねぎを加えて、蓋をして中火で2分。


ここに
○減塩醤油大さじ1
○三温糖小さじ2
○日本酒小さじ2
を加え、溶いた卵一個を加えます。


僕は半熟が嫌いなので卵にはややしっかりと火を通します。


器に盛りつけて完成です。


あぶら麩はだしに漬けておくのがポイントでしょうグッド。そうしないと、結構脂っこいのです。
posted by: nomnom | 丼物 | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

休肝日は豚肉のえのき巻き丼

今日もお訪ね下さってありがとうございます。

先週までの2週間は、中華が続きましたから、きょうは和風です。といってもお肉は入るのですけどね。

えのき1把、豚ロース肉9枚、水溶き小麦粉を用意します。


写真のようにロース、えのき、水溶き小麦粉を準備し、ななめにくるくるっと巻いてゆきます。


オイルはひかずに、テフロンフライパンに、塩を軽く振ったロース肉を並べ、


両面を焼き付けます。


減塩醤油大さじ1.5、みりん大さじ1、砂糖大さじ0.5、日本酒大さじ1.5を混ぜ合わせ、ロース肉の上からどばっと加え、すぐに蓋をして、中火で3分煮ます。

ロース肉を取り出し、ごはんの上に乗せます。たれに水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごはんの上からかけたら完成です。青味がほしいですねぇ。あつあつが食べたいので青味は我慢しましょう。


しまった、えのきが繋がっていてかみ切れない、ロース肉は切っておくんだったびっくり。昔作った娘たちのお弁当ではそうしていたのに…悲しい
posted by: nomnom | 丼物 | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

休肝日は麻婆豆腐丼

先週、お届けした麻婆茄子丼は、実は、この麻婆豆腐のレシピをそっくりまねしたものでした。というわけで、本日はオイルをわずかしか使わない麻婆豆腐丼です。

準備するもの:
豆腐一丁(2時間前から水を切っておく、参照:小松菜の白和え
豚挽肉100g
長ねぎ1/2みじん切り
にんにく1片みじん切り
(A)
豆板醤大さじ2/3
甜麺醤小さじ2
豆鼓醤小さじ1/2
豆鼓小さじ2(みじん切り)
これらを予め混ぜておく
(B)
YOUKIのガラスープ小さじ2
減塩醤油小さじ1
紹興酒大さじ1
水カップ1/2

材料を全て用意します。


テフロンのフライパンにオイルを引かずに豚挽肉を中火で炒めます。


ぽろぽろになったら、(A)を加えて炒め、にんにくを入れます。


(B)を加え、豆腐を投入します。フライパンを振りながら2分煮込みます。


長ねぎを加え、ひとまぜし、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。


オイルは調味料(A)に入っているものだけです。豆鼓が入っているので味の深みがまして、辛いんだけど怒り旨いのです。

左上(雪菜)と左下(スープ)は今度紹介します
posted by: nomnom | 丼物 | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

休肝日は麻婆茄子丼

おいでいただき多謝。

きのうは休肝日、丼物の日です。さて何を作ろうかと思案していたら、娘から麻婆豆腐丼か麻婆茄子丼がいいんじゃないと提案されました。茄子は旬じゃないけど辛い丼物にはおあつらえむきの素材です。麻婆茄子丼にしました。

さて、茄子と油の相性がよいことは知っていましたが、このブログは食生活見直しが売りです。いかに油を減らすかが何より大事です。悩んだ結果、油をはけで塗ることにしました。

本来は乱切りがいいのですが、ここでは油の塗りやすさを考え輪切りにします。茄子は5個使います。

テフロンのフライパンにサラダオイル大さじ2をうすくひき、輪切りにした茄子を並べます。火を着けます。もう一方の面にはけで油を塗ります。油は合計で大さじ1ぐらいになったでしょうか。

茄子をひっくり返して焼き色を着けます。

茄子は5個ですから、この作業を2回繰り返します。

茄子を一旦ボールにとっておきます。豚ひき肉150gをフライパンでオイルを引かずにポロポロになるまで炒めます。豚肉から脂は出ます。


炒めたところに茄子を入れ、軽く炒めたら、


調味料を加えて1分ほど炒めます。水カップ1を加えて、3分間蓋をして煮ます。水溶き片栗粉を加えて完成です。


調味料:
豆板醤大さじ1
甜麺醤小さじ2
豆鼓醤小さじ1/2
豆鼓小さじ2(みじん切り)
にんにく1片(みじん切り)
ガラスープ小さじ2
減塩醤油小さじ1
(減塩醤油以外は、すべてYOUKI製を使いました)

豆鼓(とうち)は乾燥納豆みたいなものです。


豆鼓醤と豆鼓がなければ、香りが弱くなりますが、省いても構いません。

オイルを大さじ2しか使わない麻婆茄子丼のできあがりー拍手拍手拍手

posted by: nomnom | 丼物 | 04:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |