焼売

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフの焼売ですが、レシピは一切秘密です。黒森さんは、旬売といって、旬の野菜を入れていたこともあるそうですが、あまり評判がよろしくないので、普通の焼売に戻したそうです。

 

具材は蓮根なのですが、蓮根がなかった(それはそうですよね、もう旬ではありません)ので、国産水煮のたけのです。豚挽き肉も、徳用ではなくザモール長町で買ってきたこういうパックを使います。

IMG_9925.jpg

 

秘伝のたれです。

IMG_9924.jpg

 

豚挽き肉を練って、たれを入れて、玉ねぎ、たけのこと併せて、タネができました。

 

さてここからが難しい。

 

こんなくびれが必要です。

 

ようやく一個完成。

 

これだけ包むのに10分以上もかかってしまった。

IMG_9940.jpg

 

蒸気の上がった蒸し器で10分蒸します。

IMG_9941.jpg

 

蓋をあけてみると…、残念、蒸し器に付いてきたパラフィンシートに小穴が開いていたので、底がふやけてしまいました。

IMG_9942.jpg

でも、味はばっちり。それはそうでしょう。黒森シェフのレシピですから。

 

焼売は、黒森レシピできまり、市販のものはもう食べられません。よし、練習あるのみ。というわけで、2回目を作ります。

 

今度の豚挽き肉は、仙台三越の沖縄アグー豚。蓮根も三越にはありました。

IMG_9977.jpg

 

アグーを練って、具材を入れて、包みます。何回もやっているうちに、時間は半分に減りました。

 

前回作った、たけのこと味比べ。

 

具材の違いはわずかですが、豚挽き肉の差がでました。三越のアグー豚は優しい味でマイルド、長町で買った地養豚はこれぞ豚っていう感じで豚くさい味。妻は地養豚が、僕はアグー、好みが分かれるところです。。

 

 

posted by: nomnom | お肉 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

叉焼の研究

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフから、「長年かけて編み出した私のレシピが出ていってしまうのでブログやSNSには書かないで下さい」と言われましたので、レシピは秘匿にします。黒森シェフ、ごめんなさい。皆さん、申し訳ありません(2018年6月)。

 

黒森シェフの叉焼を少しだけ研究してみました。

(1)火加減

(2)叉焼のたれは2回使えるか

です。

 

秘伝のたれです。

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

塩豚とかぶの蒸し物

JUGEMテーマ:食生活

 

暮らしの手帖の4月号に、塩豚なるものが載っていました。肩ロース400gに塩小さじ1をすり込んで、ラップで密封し3〜4日置いておくという調理法です。この塩豚をスライスしたり、千切りにしたり、粗みじんにしたりして、さまざまな料理に応用します。

 

冒頭にあった、塩豚とかぶの蒸し物が美味しそうだったので、やってみることにしました。肩ロースより脂肪分の少ないヒレ220gを使います。それなりに塩分も減らしています。これが4日目の塩豚です。

IMG_9554.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

唐揚げ

JUGEMテーマ:食生活

 

前回、唐揚げのタレでしょうが焼きを作ったので、今日は正当派の唐揚げにしてみます。これが本来の食べ方です。ただ、熱風オーブンを使うところだけが、唐揚げではありません。いわば、揚げない唐揚げです。

 

黒森シェフは、美味しい鶏だったらくろもり流唐揚げのタレを使うと最高の唐揚げになるけれど、不味い鶏なら最高のタレでもさっぱり美味しくないと言っていました。

 

みやぎ生協の赤鶏は結構美味しい鶏ですと言われて、買ってきました。価格は倍とはいきませんが、それなりです。200gの鶏もも肉の余分な脂肪を取り、半分に切り分けます。

IMG_9436.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

唐揚げのタレでしょうが焼き

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフから、「長年かけて編み出した私のレシピが出ていってしまうのでブログやSNSには書かないで下さい」と言われましたので、レシピは秘匿にします。黒森シェフ、ごめんなさい。皆さん、申し訳ありません(2018年6月)。

 

黒森シェフシリーズ第12弾、ですが、黒森さん曰く「これだけは教えたくなかったなぁ、くろもり流唐揚げのタレ、10年間の工夫が出て行っちゃうからなぁ。」というわけで、レシピは秘密です。

 

たれの材料を全てミキサー(我が家はバーミックス)に入れて、撹拌した結果がこれです。

IMG_9413.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ハーブソーセージのカスレ後編

JUGEMテーマ:食生活

 

後編は、ハーブソーセージを作ります。本来のソーセージは羊の腸の袋に入れていきますがが、サランラップでもできるのだそうです。

 

玉ねぎ半個を、へたは絶対に取らずに半分にし、すり下ろします。普通のすり下ろし器でやったもんだから、玉ねぎのかけらを加えても、涙がでるわでるわ…。これはその結果。

IMG_9338.jpg

 

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

ハーブソーセージのカスレ前編

JUGEMテーマ:食生活

 

前回の続き、野菜をおいしく食べる会のメインディッシュです。今回は2回に分けてお届けします。

 

カスレー白いんげん豆の煮込みなのですが、普通のスーパーにドライパックで売られている白いんげん豆はなかったし、講師の先生にも豆なら何でもと言われていたので、ミックスビーンズにしました。

 

では早速とりかかりましょう。玉ねぎ半個とセロリ(80g)を用意します。

IMG_9309.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 05:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

蒸し鶏と野菜の和え物

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフから、「長年かけて編み出した私のレシピが出ていってしまうのでブログやSNSには書かないで下さい」と言われましたので、レシピは秘匿にします。黒森シェフ、ごめんなさい。皆さん、申し訳ありません(2018年6月)。

 

黒森シェフシリーズ第11弾、前回のきのこあんかけオムライスの副菜として作ったものです。

 

取りあえず、蒸し鶏から作ります。料理のプロセスがあるのですが省略し、完成とさせて頂きます。

IMG_9249.jpg

 

甘酢を人参と生姜の千切りに10分ほどつけ込みます。この時、ラップが便利です。

IMG_9254.jpg

 

小松菜一把(おそらく25g位でしょう)を洗ってから、沸騰したお湯で茎側から茹でます。

IMG_9242.jpg

 

葉っぱも入れて、茹で上がったと思った時が茹で上がりです(約40秒ぐらいか)。

IMG_9243.jpg

 

冷水に取り出します。

IMG_9244.jpg

 

絞ってから、食べやすい大きさに切ります。

IMG_9245.jpg

 

さらに、茎と葉っぱを縦に3等分にするのですが、黒森シェフの料理はこういうところが面白くて楽しい。

IMG_9246.jpg

 

まかないだからといって手を抜きません。

IMG_9247.jpg

 

塩少々と

IMG_9255.jpg

 

ねぎ油少々を加え、

IMG_9256.jpg

 

和えておきます。

IMG_9257.jpg

 

ボールに、粗く千切りにした蒸し鶏を入れ、

IMG_9253.jpg

 

人参と生姜を甘酢ごと入れます。

IMG_9258.jpg

 

小松菜も入れて、

IMG_9259.jpg

 

和えます。

IMG_9260.jpg

 

盛り付けです。

IMG_9263.jpg

 

きのこあんかけオムライスの副菜として作りましたから、味そのものは甘酢の薄味だけです。なぜなら、蒸し鶏を作った時の塩少々と小松菜を茹でた時の塩少々だけですから。

IMG_9262.jpg

 

しまった、いりごまを加えるのを忘れていました。

 

posted by: nomnom | お肉 | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

和風煮込みハンバーグ

JUGEMテーマ:食生活

 

味噌味の煮込みハンバーグを作ろうと思います。

 

二人分です。取りあえず、

○パン粉大さじ2

○牛乳大さじ2

を浸しておきます。

IMG_9183.jpg

 

続きを読む >>
posted by: nomnom | お肉 | 05:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

蒸し鶏と叉焼

JUGEMテーマ:食生活

 

黒森シェフから、「長年の私のレシピが出ていってしまうのでブログやSNSには書かないで下さい」と言われましたので、レシピは秘匿にします。黒森シェフ、ごめんなさい。皆さん、申し訳ありません(2018年6月)。

 

黒森シェフが続きます。「くろもりのまかない料理」に行ったのは2回ですが、このブログでのレポートは、これで5回目です。それだけ旨いってことでしょう。でも、これってくろもりさんのネタバレじゃないの、って思う方もいるかもしれません。でも、「レシピはあくまでも参考」「味は自分の感覚で確かめる」っていう黒森シェフの教えです。

 

では早速、蒸し鶏と叉焼に取りかかります。しかし、ここからは、はじめとおわりだけです。

みやぎ生協のちょっと高価な鶏もも肉と秘密のレシピ

 

いろいろあって、こうなりました。

 

お次は叉焼、秘伝のたれ。

 

肩ロースを漬け込んで

 

熱風オーブンで焼いて、こうなりました。

 

さて、次はよだれ豆腐サラダです。

posted by: nomnom | お肉 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |